2010年09月12日

宮古島をドライブ♪〜雪塩製塩所-1-〜

池間大橋から次に向かった先は、雪塩製作所。

我が家は『塩フェチ』ですので、お塩の工場などあれば必ず行ってきます(笑)

そして仕入れてくるのですが、こちらの雪塩製作所では、

雪塩ができるまでの工程を教えて頂きました♪



雪塩製作所の駐車場から撮った池間大橋


01.JPG




最初に海に降りてみました♪

池間大橋と左手には風車が見えます。


02.JPG




とても透明で波がほとんどない静かな海でした。


03.JPG




雪塩製作所


04.JPG





案内図 お声をかけて、係の方に案内して頂きました♪


05.JPG




こちらは駐車場からすぐの所にある貝アートのお店♪


06.JPG




案内図の@取水口

雪塩の原料となる海水についての説明です。


07.JPG




海水淡水化装置で海水をお塩にするのですが、

こちらで各水の比較ができるんです。


08.JPG




RO水は海水淡水化装置で分離したお水


09.JPG



濃縮海水


10.JPG




海水


11.JPG





濃縮海水を味見?しました。しょっぱ〜い!!

これからAの雪塩ミュージアムに移動。

ここでもっと詳しく雪塩に関してのお話を聞くことができました♪



いきなりですが、雪塩パック!


12.JPG




雪塩パックすると、色白すべすべになるということで、

娘はしないって・・・

私は海に行って日に焼けても気にしないので、今さら・・・

と言うことで、白羽の矢が夫に♪

手の甲にぬりぬりして、夫そのままの状態で係の方の話聞く!



海水のくみ上げについて


13.JPG




雪塩の原料となる海水は、地下約20mの位置からくみ上げられています。

サンゴの恵を含んだ海水でと言うことで、でカルシウム分をはじめとする成分が

地下海水に染み出しているんですって。



雪塩に含まれる成分の比較


14.JPG




宮古島の以前の記事でも書きましたが、宮古島は火山爆発などでできた島ではなく、

隆起した島ですので、隆起サンゴ礁の宮古島ならではですね!



雪塩の原料となる地下海水


15.JPG




また琉球石灰岩についても記事に書きましたが、活躍していました♪

簡単に説明しますと、琉球石灰岩は『す』が入っているような状態で、

それがフィルター代わりとなって、地下に染み込んだ海水を

ろ過してくれるのだそうです。

ですので、沖や深海の海水よりも、きれいな海水を採取することができるんですって!







海水の濃縮過程から製造まで


16.JPG




海水淡水化装置を使って海水と淡水とに分けます。

この機械の本来の使われ方は、雨量の少ない地域などで、海水から水を取り出すための装置。

海水から真水をとりだす装置を使って、真水が取り除かれた後の

濃縮海水でお塩を作りをすることになったそう。



一般的な製塩法


17.JPG




海水淡水化装置を使用することによって、一般的な製塩法では海水を煮詰める際に

蒸発していた水分も、水タンクへ溜め込むことができるようになったので、

そのお水を、トイレやお清掃などに利用してるそうです。

真水はお掃除などに、濃縮海水はお塩に♪

お塩つくりが、資源を無駄にしないエコにも貢献していたんです♪

目からうろこ?びっくりですよね〜!




雪塩 取水から完成までの工程


18.JPG





海水淡水化装置(RO)で、海水をさらに濃くし、塩分濃度をあげます。

通常は、海水を煮詰めて濃しますが、雪塩の製塩法は、汲み上げた海水を

海水淡水化装置に通して、塩分濃度をあげて濃くします。


普通は濃縮された海水を煮詰めて、お塩とニガリに分離させますが、

雪塩はニガリを出さない製塩法です。

海水の成分をなるべく残す為ということです。

ある一定の温度で製塩すると、苦味が強く出ないまろやかなお塩ができるそうです。

温度は教えてくれませんでしたけど、

雪塩を製塩する時にそのように工夫がされているとのことでした。


雪塩の作り方はあつく熱した鉄板に濃縮海水を吹き付け、

濃縮海水の中に残っていた水分を蒸発させます。

実際にこれは見る事が出来ないのですが、

私はTVで見ていたので、頭の中にTVでみた様子を描きました♪

霧吹きで飛ばした濃縮海水が、一瞬で粉末状の雪塩になっていました。


海水の成分をなるべく残し製塩していますので、雪塩は海水の成分に近いバランスです。

ですので、真水に溶かすと、お魚が生活できる海水にになるんですって!?

もうびっくりです!



去年の秋にハゼを海に帰したのですが、それまでは海に海水を汲みに行ってたんですよ!

2009-09-23 さようなら、ハゼ君・・・ 参照

早く知っていればそんな苦労もなかったってことですよね(^ヮ^;)

お魚も生活できるのですから、安全なお塩だということですね♪♪



雪塩ミュージアムに飾られている製品


19.JPG




こちらが先ほど夫が手に付けていたものです


20.JPG




こんな効果があるそうです♪


21.JPG





お話が終わってから手に塗ったマッサージ用塩を洗い落としました♪



気持ち右手の甲が白っぽくなってる感じ?


22.JPG





う〜ん、角質取れたんでしょうか?

その後、夕方になって夫がさっき塗った所がすべすべする!

娘も触って、本当だ〜♪すべすべしてる♪♪

どうやらパックした所の角質が取れたみたいで、塗っていない反対の手は

すべすべしていなかったので、パックは効いたみたいですよ('-^*)ok



長くなりましたので、店内の様子はまた後日(^0^)/



雪塩製作所

宮古島市平良字狩俣191

TEL 0980-72-5667 (年中無休)




応援クリック、ありがとうございます!Have a nice day♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by 海猫 at 19:52| 千葉 ☁| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。