2009年09月11日

9月11日  同時多発テロ

この日、忘れもしません。
ドラマをTVで見ていたら、急に画面が変わって、
いきなり映画の予告か!?って思ってしまいました。

ありえない事が起こると、人間って現実としてとらえる事ができなくなるんですね。
何が起こっているのか瞬時に理解できませんでした。


一ヶ月間くらいでしょうか、毎晩同じ夢をみました。

ツインタワーの展望台の望遠鏡で、NYの景色を見ているんです。
瞬間、足もとが崩れ落ち、瓦礫と共に飲み込まれる・・・
そこで目が覚める・・・


当時、幼稚園だった娘ですが、NYが大変だから自分がためたお金を
送りたいと言い出しまして、郵便局まで一緒に行き、わずかですが
義援金を送りました。

この時の幼稚園生は、TVでテロの様子が何回も放送されていたので、
オ(ウ)サマ・ビン・ラディンという名前を知っている子が多かったです。



私には妹がおり、テロのあった年の4月にNYから日本に、3年間戻ってきました。
本当に良かったと思っています。
今またNY在住ですが、10月に日本に帰国します。


妹のご主人の会社、実はツインタワーの隣にあったんです。
でも事件の一か月前に、ツインタワーから歩いて10分位の所に
引っ越ししました。


後から聞きましたら、窓ガラスは割れなかったそうですが、
机の上の物が全て飛んだらしく、昼間なのに煙であたりが真っ暗になり
何も見えない中を避難したそうです。




****************************





去年の夏、NYに行って参りましたが、グラウンドゼロには足を
運びませんでした。

行こうと思っていたのですが、トラブルがあり、辿りつけなかったのです。
きっと今は行くタイミングではなかったと諦めました。


飛行機は勿論ですが、街中を歩いていても、以前はなかった
セキュリティチェックに出くわしました。


自由の女神、警備が厳しかったです。


The Statue of Liberty.jpg



フェリーに乗る前にチェックの建物がありました。
ジャーマンシェパード(K-9)を連れた警備員が建物(セキュリティチェック)の外に
配備されていました。


自由の女神.jpg



自由の女神はつい最近、一番上(頭部)まで上がれるようになった
みたいですが、人数制限はあるようです。


セント・パトリック大聖堂

セント・パトリック大聖堂.jpg



教会も警備が厳しく、祈りを捧げに行っても入口で持ち物検査を
受けなければ祭壇まで行けません。


セキュリティチェックなしの立ち入りはここまで。

セント・パトリック大聖堂内部.jpg


向って左側の黒のスーツの人達が持ち物のチェックをします。

セント・パトリック大聖堂セキュリティ.jpg



教会は全ての人が集う所というイメージですが、セキュリティチェックを
受けた人しか入れない所になっていました。



テロから8年・・・
傷痕はまだ癒えていません。


ご冥福をお祈りいたします。





posted by 海猫 at 23:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。